経理関係求人を勝ち取る税金知識

個人事業者から大企業まで、ほぼすべての業種で求人のみられる経理職。経営判断や資金繰りなどに使うための内部会計も重要ですが、同時に、外部に公表したり、税務署等の公的機関に提出するための税務会計も重要になってきます。特に重要になってくる税目は3つ。まずは個人の所得にかかる所得税、法人(会社等)の所得にかかる法人税、課税取引の際に発生する消費税。もちろんすべて重要なことには変わりありませんが、所得税に関しては従業員の源泉徴収から年末調整などで知識が必要になってきます。年末調整の段階では必要とされる所得税の知識は限られてきますので、勉強しておいてから自信をもって求人に挑むと面接の際の受け答えに役に立つことでしょう。

経理関係の仕事について

経理関係の求人は経験者を募集するものが多くなっています。逆に言えば、経験者になってしまえば転職しやすく守られている職種とも言えます。管理部員や総務部員という形で募集されている場合もあります。また、会計係や財務の仕事もとても似かよった仕事です。経理の求人は業務経験以外に、簿記に関する資格取得を望むものやコンピュータスキルを求めるものが多くなっています。この職種に興味があるなら、簿記の資格とコンピュータスキルをつけておくべきです。また、最近では上記の条件に加えて、英語力を求めるものが多くなっています。ただし、英語力があっても、業務経験や資格がないと相手にされない場合が多いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 求人でよく見る業種について. All rights reserved.